ドイツ外務省編集による雑誌「DE」は、政治、経済、文化、学術、環境など様々な分野を網羅し、ドイツの「今」を日本語で皆さまに伝える雑誌として長年親しまれてきました。
このたび「Deutschland Edition」としてリニューアル、今号は7月7,8日にドイツ・ハンブルクで開催されるG20サミットをクローズアップしています。

2017年1号「G20サミット」

Zeitschrift "Deutschland Edition"
(© Deutschland Edition)
2017年、ドイツはG20サミットの議長を務めます。「つながる世界を形づくる」をモットーに、ドイツはグローバル化の将来像の一端を描こうと考えています。
今号では、議長国ドイツが取り組む様々なテーマを俯瞰し、今サミット開催都市ハンブルク市の横顔を紹介するとともに、G20サミットに向けた専門家の声を多数掲載。

2016年3号「トレンド&未来展望」

DE Nr.3/2016
(© Frankfurter Societäts-Medien GmbH)
本号の特集テーマ「トレンド&未来展望」では、ドイツで生まれている様々な新しい潮流をご紹介。大都会はスマートシティに生まれ変わり、デジタル革命が画期的な方法で従来の教育方法を活性化しつつある様子をレポート。また、大昔からドイツ人の憧れをかきたててきた「森」に潜入、ドイツ人と森の深い関わりについて取り上げています。

日本語電子版はこちら

2016年2号「教育のグローバルパートナー」

DE Nr.2/2016
(© Frankfurter Societäts-Medien GmbH)
最新号の特集テーマ「教育はどのようにして世界中の人を結びつけるのか」では、国際的な知識ネットワーク化の先導役と自負しているドイツが、世界中のパートナー大学と結んでいる膨大な数の協定の元、世界に大きく門戸を開いている姿や、国際的に高く評価されているドイツの職業教育制度の1つであるデュアルシステムが、諸外国でどのように受容されているかについて、取り上げています。
また、来年2017年に宗教改革500周年を迎えるにあたり、現代にも尚大きな影響を与え続けている宗教改革者マルティン・ルターが成し遂げた数々の業績についてもスポットを当てています。

日本語電子版はこちら

2016年1号「外交ができること」

雑誌DE
(© 2016年1号)
本号の特集テーマ「外交ができること」では、平和維持、人道支援、人権擁護の強化、食糧安全保障、安定確保などなどにおいて、外交がどのような役割を担っているかについて取り上げています。

日本語電子版はこちら

2015年4号「難民・移民」

(© )
本号の特集テーマ「難民と移民」では、ドイツにおける庇護権成立の歴史的背景、政府・自治体および国民による難民支援活動、さらに難民危機によって真価を問われている欧州連合(EU)の現状などを多角的に解説しています。
また、今年創立70年を迎える国連にドイツがどのように貢献しているのか、今年1年間に渡ってドイツが議長国を務める欧州安全保障協力機構についても取り上げています。

日本語電子版はこちら

2015年3号「11の新動向」

(© )
本号の特集テーマ「美術・文化における新動向」では、移民が”クリエイティブな国ドイツ”にとって見落とせない大きなテーマとなっている現状を取り上げています。そのほかにも、「男女同権-女性が勝ち取った権利」、「国際紛争対応-平和に貢献する国際選挙監視員の活動」、「ライフスタイル-自転車に乗り換えるドイツ人」など多岐にわたってドイツの最新情報をご紹介。

日本語電子版はこちら

2015年2号「ドイツ統一25周年」

(© )
本号の特集テーマは「自由と統一の25周年」。ベルリンの壁崩壊から25年を経た今日のドイツが、ヨーロッパ・世界の政治において演じる役割について考察。また、世界に開かれた新しいドイツを象徴する、首都ベルリンを紹介。

日本語電子版はこちら

リージョナル版「Japan」

雑誌「DE」は言語ごとに地域特集のページがあり、日本語版では主にドイツと日本両国に関連した話題が掲載されています。
こちらのドイツ語版はオンラインで下記よりでご覧いただけます。
Japan

ソーシャル・ブックマーク

資料の取り寄せ方法

資料の送付をご希望の方は、新潟県、長野県、静岡県以東にお住まいの方は大使館に、富山県、岐阜県、愛知県以西にお住まいの方は総領事館に、お問い合わせフォーマットよりお申し込みください。

詳細

ドイツ観光局

ドイツ旅行についての質問は下記のドイツ観光局へ直接お問合せください。ドイツ観光局による各町のパンフレットやガイドブックの配布は2016年11月末を持って終了いたしました。大使館・総領事館・ドイツ観光局に旅行関係のパンフレットを請求されてもお送りすることができませんが、観光局のサイトでEbookとしてご覧いただけます。なお、 観光ビザについての問い合わせ先は、大使館または総領事館です。  ドイツ観光局 〒107-0052東京都港区赤坂7-5-56 ドイツ文化会館4階 Tel. 03-3586-5046(音声案内)  Fax 03-3586-5079 Email: office-japan@germany.travel

ドイツ観光局
モバイル用サイトから移動します。