ドイツと日本は密接な絆で結ばれています。両国は共通の価値と関心を持ち、文化、政治、経済、科学の分野において活発な交流を行っています。その始まりは150年以上前の日普修好通商条約が調印された1861年に遡ります。これが長年の両国友好関係の礎となりました。

「日本におけるドイツ年2005/2006」では日独友好のロゴマークが作成され、以来、様々な文化機関、ドイツ関連機関、友好団体、姉妹都市、企業、精力的に活動している個人の皆様による日独関連のプロジェクトや催しに使用されてきました。

日独の外交関係樹立150周年においては、「日独交流150周年」の文字入りの友好のロゴマークが、一千件以上の催しに使用されました。同周年事業が終了した今、私たちは共に未来に目を向けています。そこで、「ドイツと日本―ともに未来へ」を新たなモットーとして、友好のロゴマークと組み合わせて日独関連のプロジェクトにトレードマークとして活用していきます。このモットーには、ドイツと日本が単に友好関係を継続するだけでなく、生きる喜びに溢れた持続可能な未来に向けて共に積極的に努力していこうという思いが込められています。

このロゴマークは、日独交流を中心にしたものであればどのような催しにも使用できます。ご関心のある方は、下記の申請書をご記入のうえ、メールにてお送りください。 

ロゴ使用申請書 [msword, 54k]

toky%27%diplo%27%de,sprach-14

ロゴマークはメールにて、データでお送りします。皆様のプロジェクトをお待ちしています。

ソーシャル・ブックマーク

日独の姉妹都市

ドイツの州・都市と姉妹(友好)都市提携を結んでいる日本の自治体の一覧がご覧いただけます。 (「ドイツ」をクリックすると、一覧が表示されます)

日独姉妹都市一覧(財団法人 自治体国際化協会サイト)
モバイル用サイトから移動します。