二酸化炭素など、大気中の温室効果ガスの濃度は過去150年間の産業化で大きく上昇し、現代社会の大きな問題となっています。産業、家庭、交通の各部門から排出される温室効果ガスの割合は増加の一途をたどり、大気の温度は不自然に上昇しています。温暖化を阻止できなければ、その影響は全世界に及びます。

温暖化と開発

二酸化炭素やフロン等の温室効果ガスは、どこで排出されたかに関わらず温室効果やオゾン層の破壊をもたらし、その影響は全世界に及びます。工業国はその主な排出源として、気候変動防止に特別な責任を負っています。しかしいくら環境への負担軽減に努めても、地球上の他の部分で排出量が増えてしまっては意味がありません。持続的かつグローバルな温暖化対策は、国際的な協力体制を通じてこそ実現します。

ドイツ連邦経済協力開発省「温暖化と開発」

ソーシャル・ブックマーク

関連サイト

Hochspannungsmast und Windrad

こちらでは、ドイツの環境・エネルギー分野のリンクをご紹介しています。

関連サイト

モバイル用サイトから移動します。