(© )

ドイツは、グルメを楽しむためだけでも、旅する価値のある国。家庭に伝わった伝統的料理のほか、ドイツレストランは、その創造性や高いレベルの料理に対し、料理界の多くの賞が授与されている。そして、美味しいドイツのワインがさらに料理を引き立てる。

ドイツパンを味わう

deutsche Bäckerei

ドイツ人の友人が地中海諸国、中東、またはアメリカに住んでいて、その友人を訪ねる際に「お土産は何がいい」と聞くと「焼きたての全粒粉のパンを持ってきて」と言われことがよくある。ドイツパンは、外国に住むドイツ人にとって、ホームシックの大きな要因の一つなのだ。

パンを味わう

ベルリン風カリーヴルスト

Currywurst

ベルリンの人にとって、スパイシーなケチャップをかけたカリーヴルストは、単なるファストフード以上のものだ。カ リーヴルストは、生き抜くためのソウル・フードであり、伝統であり、郷土の名物なのだ。カリーヴルストの食べ方は、小型の丸パンまたはフライドポテトを添 えたり、マヨネーズをつけたり、またはシンプルに何もつけないで、さらに皮つき、皮なし、カットしたもの、カットしていないものと、様々。 

ベルリン風カリーヴルスト

ドイツビール

ビール醸造所

ドイツは世界でもビール先進国の1つ で、ビール文化と醸造技術形成には数百年にわたって大きな役割を果たしてきましたし、将来もそうありつづけるでしょう。毎週新しいビールが最低でも1つ、新進性に富んだビール職人によって市場に送り出されています。ドイツほど、バラエティーに富むビール市場はどこにもありませんし、ライトでシンプル なものから複雑でアロマの強いビールまでその幅はエキサイティング―ドイツでなら毎日違うビールを飲んだとしても、全てのビールを飲むには15年以上かかります。

ドイツビール

ドイツワイン

ビールと比較するとドイツワインの生産量は少なく世界のたった1%だが、ドイツは世界最北のブドウ栽培地でありながら、世界でも屈指のワイン生産地のひとつとして高い評価を得ている。

ドイツワイン

ドイツの郷土料理

Maultaschen

 「ドイツ料理」というと、外国人の多くは酢漬けのキャベツ「サワークラウト」とソーセージを連想する様だ。でも、本当のところドイツ人は何を食べているのだろう?

ドイツの郷土料理

「カフェの国」にようこそ

カプチーノとたっぷり生クリームのチーズケーキ

カフェでくつろぎのひとときを過ごすことは、ヨーロッパ人の共通の楽しみ。 ドイツ各地のカフェ文化をちょっと拝見。

「カフェの国」にようこそ

ソーシャル・ブックマーク

モバイル用サイトから移動します。