Oktoberfest München
(© picture-alliance/ dpa)
ドイツには日本とは異なる様々な習慣やお祭りがあります。その中でも最も重要なのはイースターとクリスマスですが、「第5の季節」と言われるカーニバルも春を祝うお祭りとして親しまれています。

ドイツのカーニバル

Kölner Karneval

カーニバル、この「5つ目の季節」は11月11日に始まり、灰の水曜日に終わります。お祭りの騒ぎがハイライトを迎えるのは、いわゆる「汚れた木曜日」から灰の水曜日(Aschenmittwoch)までの週です。バラの月曜日(Rosenmontag)には、大規模なパレードが行われ、愉快な仮装をしたり、伝統的な民族衣装や仮面をつけてパーティーやパレードを楽しみます。2016年は2月8日が「バラの月曜日」です。

カーニバル

ドイツのイースター

Osterdekoration - bunte Eiern, Hasen und Narzissen

最近では、卵やウサギのチョコなど、イースター関連のグッズが日本でも売られるようになってきました。イースターはキリスト教の復活祭ですが、ドイツではこのイースターをどのように祝うのか、ご紹介します。

イースター

オクトーバーフェスト

Oktoberfest - Trachten

オクトーバーフェストには、毎年600万人以上の人々がやってきます。また特に、イタリア、アメリカ、日本、オ―ストラリアなど、外国からのお客さんも増え続けています。さらに近年は、民族衣装を着る傾向が強まり、レーダーホーゼやディルンドル姿で来る人が増えました。

オクトーバーフェスト

ドイツのクリスマス

ドイツでは、地域毎に何百年にもわたり受け継がれてきた様々なクリスマスの習慣があります。デコレーション、マーケット、レシピ、音楽・・・ こちらでドイツのクリスマスをお楽しみください。

ドイツのクリスマス

ソーシャル・ブックマーク

モバイル用サイトから移動します。